ロケハンの時間短縮・コストカットに!
あなたのロケを強力サポート

ロケなび!

ロケなび!TOP >> 制作者インタビュー一覧 >> 制作者インタビュー詳細

制作者インタビュー

プロデュース部

2017.06.29

  • facebook
  • googleplus
  • mixi
  • はてな

革命ともいえるトランシーバー

株式会社ドラゴンフライエンタテインメント

プロデューサー 

鈴木嘉弘さん

<作品実績>

映画『世界から猫が消えたなら』 『怒り』 『陽だまりの彼女』 

『ツナグ』『ROOKIES~卒業』『デトロイト・メタル・シティ』

『死にぞこないの青』『陰日向に咲く』『ハチミツとクローバー』他多数

今回の映画制作現場では、レントシーバーさんの「IPトランシーバー」を利用されたそうですが、いかがでしたか?

「革命ともいえるトランシーバーです。
IPシーバーを使用する事で、無駄な時間が短縮されスムーズな進行が行われました。
特に、車輌移動の際は、距離が離れていても、シーバーのやり取りができる為、全体の遅れがなくなりました
これからも、IPシーバーを利用します。」

 

←今回ご紹介した株式会社レントシーバーの 「アイコムLTEトランシーバー IP500H」

詳細はこちらから

 

制作者インタビューに戻る

 ページトップへ