ロケなび!TOP >> 制作者インタビュー一覧 >> 制作者インタビュー詳細

制作者インタビュー

制作部

2019.03.20

  • facebook
  • googleplus
  • mixi
  • はてな

時代物ロケの難点は?/ロケ対応のよい担当者がいる地域と、ロケしやすい施設とは

有限会社キリシマ1945 

制作部

柴野淳さん

<作品実績>

映画『横道世之介』、映画『洗骨』等 

ロケ地で苦労したことはありますか?

時代物です。江戸時代とかではなく、1980年代から90年代の場所を改めて再現となると、

撮影できる道や車を再現するのが苦労しました。

原作は下北沢駅の設定だったのですが、近代的になっているので、菊名駅で撮影するなどしました。

あと、美術部が大変で、エキストラ100人分の古い衣装を集めるのに大変苦労していたようです。

ロケ対応が良かった地域や施設はありますか?

長野県の千曲市は、信州ちくまロケ杏力隊(きょうりょくたい)の対応が良かったです。

お互い、良い作品を作ろうというのでスムーズに撮影ができました。

また、地元の温泉街などの撮影だったのですが、どこから許可や挨拶をしたらいいかなど教えてくれて、やりやすかったです。

こちらは、お邪魔して撮影している立場なので、非常に助かりました。

ロケ地に求めることはありますか?

コミュニケーションをとることだと思っています。

お互い台本を見ながら話し合いながら、ミスマッチにならないようにしていきたいと考えています。

 

ロケなび!を使用して良かったことはありますか?

対応がスムーズな施設や地域が多いと思います。

昔からあるので、信用度があり安心してロケ地と交渉できるので、そこが一番嬉しいです。

 

ありがとうございます。

ロケなび!では、掲載店舗や地域のロケ担当者と、必ず定期的にお打ち合わせしています。

さらに、ロケ受入に関する対応マニュアルを渡して説明して、丁寧な対応を浸透させています。

インタビューにお答えいただき、ありがとうございました!

制作者インタビューに戻る

ページトップへ