ロケなび!TOP >> 制作者インタビュー一覧 >> 制作者インタビュー詳細

制作者インタビュー

プロデュース部

2019.03.26

  • facebook
  • googleplus
  • mixi
  • はてな

映像制作会社「ギークピクチュアズ」でのお仕事/地方ロケでの助かるポイントとは

ギークピクチュアズ

PM(プロダクションマネージャー)

原田圭太さん

<作品実績>

CM多数

 

 

ギークピクチュアズさん制作の作品には、どんな特徴がありますか?

面白い企画が多いですよね。今のカップヌードルのCMもそうですし、挑戦的な企画もあったりします。

プロダクションマネージャーとして、どんなお仕事をされているのですか?

映画で例えるのであれば、ラインプロデューサーと、助監督を足したイメージでしょうか。

どちらの役割もこなすのは大変そうですね! 一年を通して、時期による仕事量の変化はありますか?

2月がやはり繁忙期ですね。

企業の決算があるので、2月に撮影して、3月に編集、4月に放送という段取りで進んでいる作品が多いです。

 

地方ロケにも行かれますか? 特に、よくロケに行く地域にはどんな魅力がありますか?

北九州には、CM撮影でもしばしば行きますよ。

以前行った時、羽住組が、北九州の別の場所でたまたま撮影をしていたという事もありました(笑)

地方ロケの際の対応で助かるポイントは、いくつかあります。

”ロケ地の段取りをしっかりしてくれる”ことと、”近隣住民に挨拶が必要な時も一緒に”やってくれたり、また、”エキストラも大人数集めてくれる”こともあります。

何より、”住民の間でロケ受入の理解が進んでいる”ので、撮影がやりやすいですよね。

 

確かに、そこまで条件がそろっている場所だったら撮影しやすいですよね。

弊社も、地域のトップとお話しして、地域全体で協力しロケの受入れを推進していこうと仕掛けています。

そういった地域が増えると、制作現場としては助かりますか?

そうですね。色々な選択肢があると大変助かりますし、特に夜に野外で撮ろうと思うと東京ではまず撮影できません。候補が増えるとうれしいですね。

 

ちなみにインターネットでロケ地を探される時、ロケなび!の使い心地はいかがですか?

ロケーションボックスとロケなび!あとは地域のフィルムコミッションのHPを見たりしますが、社交辞令抜きでロケなび!が一番使いやすいです。(笑)検索のしやすさは、ロケなび!が一番ですね。

 

ギークピクチュアズさんは、今後、映画制作にも力を入れていかれるそうですね!

ロケなび!としても作品作りを応援できるようお役立ち情報を届けていきたいと思います。

インタビューにお答えいただき、ありがとうございました。

制作者インタビューに戻る

ページトップへ