ロケなび!TOP >> 制作者インタビュー一覧 >> 制作者インタビュー詳細

制作者インタビュー

制作部

2018.08.10

  • facebook
  • googleplus
  • mixi
  • はてな

仕事のおもしろさとロケのこだわり

株式会社ジャンプコーポレーション 

山田鞠子さん

<作品実績>『所さんお届けモノです!』

この仕事を目指したきっかけを教えてください

実は私、ほとんどテレビを見なかったんですよ。ただ両親や親戚もマスコミ関係だったんで、漠然とマスコミに興味はありました。
そんななかでテレビは間口も広いし、何でもできるし誰でもできるっていうイメージがあって、それで就活の時に出会ったこの会社の社風や、大好きだった『大改造!劇的ビフォーアフター』を作っていたことなんかにも惹かれて入社しました。

現在はどんなお仕事をされていますか

現在は株式会社ジャンプコーポレーションという会社で、MBSの『所さんお届けモノです!』という番組を担当しています。全国各地の特産品なんかを所さんに紹介する番組で、色々な地域に行くことも多いです。新卒でこの会社に入社して、最初は『所さんのニッポンの出番』という番組を担当していたんですが、残念ながら終了してしまい、その後別のTBSの番組を少しだけ担当して、昨年の1月から現在の番組を担当しています。

この仕事のおもしろさって何ですか

仕事を通して色々な人に出会えたり、知れたりする部分です。毎回違うテーマに取り組むので、その都度新しい事に詳しくなれるんです。普段の生活では絶対に知り得ない事ばかりなので、いつも好奇心を刺激されて楽しいですね。

 

普段はどうやって撮影場所を探していますか

企画が第一です。先日行ったいすみ市を例にすると、「有名観光地の隣町」という企画で探し始めて、九十九里浜の隣街ということでいすみを選びました。AD以外に専門のリサーチャーがいて、企画に合う地域や場所を見つけてくるので、そういったものを参考にしながら資料を作って会議で決めていきます。夏は海辺など、季節感や時事ネタも加味しますが、結構会議のノリみたいな感じで決まる事も多いですね。

 

所さんへのお届け物はどうやって選んでいるんですか

グルメならば美味しいのが大前提です。所さんは本当に嘘をつかないので、美味しくないものを出すと番組でもはっきり美味しくないとコメントします。なので担当ディレクターが見つけてきたものも、スタッフみんなで実際に食べて吟味してから初めて選ばれるんです。あとはやっぱりエンターテインメントとして面白いことが大切ですね。

 

全てスタッフの足で探しているのですか

基本的にはそうです。スタッフが現地に行って面白そうなものを探します。でも、それだけでは探しきれない部分もかなりあるので、地域のロケーションサービスなど窓口があればそこにコンタクトを取っておススメのものを紹介してもらう事はかなりあります。もちろんその場合も最後はスタッフが直接取材に行って確認しますけどね。

 

ロケ先でのロケ弁はどうやって探していますか

インターネットですね。ロケ弁がまとまったサイトを利用することが多いです。ただこの番組はドラマなんかと違って少人数でのロケが多いので、行った先のお店に入ることもけっこうあります。予算的にはタレントさんがいると1000円くらいですかね。

 

ありがとうございました!

制作者インタビューに戻る

ページトップへ